1. HOME
  2. 活動紹介
  3. PROJECT&RESEARCH
  4. インターナショナルアクティビティ

PROJECT&RESEARCH

インターナショナルアクティビティ

ガールガイド・ガールスカウトは世界 146 の国と地域にあり、世界中に約 1,000 万人の仲間がいます。その一人ひとりが世界連盟の一員です。ガールスカウトたちにとって世界の入口は手の届くところにあり、世界的視野を広げる機会がたくさんあります。ガールスカウトでは国内外において多様な形で国際的なプログラムをおこなっています。

海外での活動

ガールガイド・ガールスカウト世界連盟が開催するプログラム、海外連盟との協働プロジェクト、他連盟主催プログラムなど、海外でのさまざまな活動に参加する機会があります。
参加形態は、個人、所属グループ(団)、都道府県単位、日本連盟からの派遣など多岐にわたります。

ミャンマー・フレンドシップ・プロジェクト

ミャンマー連盟は国の体制により1962年に活動を停止、2012年に運動を再開したばかりです。このプロジェクトでは、一緒に野外活動をしたり、両国の民族衣装を着て文化紹介をしたり、また近隣の村で歯磨きや手洗いの講習指導をするなど、両国の少女が共にチャレンジしながら数日間を過ごします。言語の違いはありますが心は通じ合い、厚い友情がはぐくまれます。

参加者の感想:
・ガールスカウトは世界と繋がっているんだと改めて感じた。
・言葉じゃなくても、お互いの笑顔で、交流ができた。

ミャンマー・フレンドシップ・プロジェクトイメージ
ミャンマー・フレンドシップ・プロジェクトイメージ
ミャンマー・フレンドシップ・プロジェクトイメージ
ミャンマー・フレンドシップ・プロジェクトイメージ

スイス派遣

岐阜県連盟のシニア・レンジャー(中高生)が、スイスにあるガールスカウトの施設「アワシャレー」に行きました。雄大な自然の中で、ハイキング、アブセイリング、ラフティング、ロッククライミングなどのプログラムがあり、その中から自分がチャレンジしたいものを選択して活動しました。

参加者の感想:
・たくさんの海外のガールスカウトと交流し、友達になることができた。
・英語が話せなくても、自分から積極的に行動することで、相手の表情や身振り手振りで互いの気持ちが理解でき、少しずつ心が通い合っていく喜びを感じた。

国内での国際交流

海外のガールスカウトが来日した際、ホームステイの受け入れや交流プログラムなど、国内でも国際交流の機会があります。

アメリカ連盟の来日

アメリカ連盟と日本連盟の高校生年代のガールスカウトによる交流プログラムをおこないました。

アジア太平洋地域会議

アジア太平洋地域会議が日本で開催された際、海外連盟の代表者を日本のガールスカウトたちがおもてなししました。

国内における国際理解の活動

自分の暮らしている国や地域について理解を深めること、他の国や地域が自国とどのような関係があるかを知ることなど、異文化に目を向け多様な価値観に触れる体験も国際理解には欠かせません。また、先進国ばかりでなく途上国の現状を知り、自分に出来ることを考え、自分の日常生活と世界の国々とのつながりに気づくのも大切です。ガールスカウトでは世界的な視野を持った責任ある市民の育成を目指しています。

International Understanding

海外でおこなわれるセミナーへの派遣

世界連盟や国連等の機関が実施する世界規模のセミナーへ、会員の派遣をおこなっています。
インド、イギリス、スイス、メキシコ、アフリカにあるガールスカウトのための施設「ワールドセンター」では、世界中から訪れる会員のために、それぞれの環境を生かしたプログラムを展開しています。また、海外連盟では地域性を生かしたプログラムを用意しています。

世界連盟主催 ジュリエット・ロー セミナー

毎年開催されるこのセミナーは、次世代を担う女性たちの育成のため、実践的なリーダーシップを学びます。2016年はガーナでおこなわれました。

ジュリエット・ロー セミナーレポート

文通やメール交換

海外のガールガイド・ガールスカウトと文通やメール交換をしている団も多くあります。また、クリスマス・年末年始やワールドシンキングデイには各国の連盟間や世界中のガールスカウトたちがグリーティングカードを交換します。

TOPへ戻る